《千与千寻》片尾曲:いつも何度でも

Posted: 七月 17, 2020
Last Updated: 七月 17, 2020

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心踊る 夢を見たい
悲しみは 数え切れないけれど
その向こうで きっとあなたに会える

繰り返す過ちの そのたび 人は
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける

さよらなの時の 静かな胸
ゼロになる体が 耳を澄ませる
生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんな同じ


呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう
悲しみの数を言い尽くすより
同じ唇で そっと歌おう

閉じていく思い出の その中にいつも
忘れたくない ささやきを聞く
粉々に砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される

始まりの朝の 静かな窓
ゼロのなる体 満たされて行け
海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
私の中に 見つけられたから

posted in Language by billzt

Follow comments via the RSS Feed | Leave a comment | Trackback URL

Subscribe
提醒

此站点使用Akismet来减少垃圾评论。了解我们如何处理您的评论数据

0 评论
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x
 

Copyright © 2010-2020 | Powered by Wordpress and MySQL. Theme by Shlomi Noach, openark.org